シミ対策

しみをつくらないためにはその原因となる紫外線をとにかくカットする!ということです。

紫外線は波長の長さでA、B、Cに分けられています。
一番波長が短いUVCは地表までは届かず、オゾン層で吸収されます。でもUVBはシミ、UVAは日焼けとしみの原因となるのです。

強い紫外線を浴び、皮膚が赤くなったり水ぶくれなどができるやけどのような状態になるのはUVBの影響です。

傷つけられた細胞は死滅しますが、修復できなくなった遺伝子は受け継がれていくので皮膚がんを引き起こす可能性があります。ですからしみの原因となるUVBはできるだけ防がなくてはなりません。

紫外線が一番多くなるのは5月から6月ぐらいでそのまま9月ごろまで強い紫外線が続きます。その後、秋や冬には少し弱まるものの、一年中注意しなくてはなりません。

1日のうちで一番紫外線が強いのは午前1時ごろから午後2時ぐらいまでです。この時間に外出したり家事などで戸外にでるときは日焼け止めを塗ったり帽子をかぶる必要があります。

晴れた日だけでなく、曇りや雨の日でも紫外線は降り注いでいますので、きちんと紫外線カットをしましょう。

しみの治療法・ハイドロキノン

しみの原因であるメラニン色素をトレチノインで外に押し出して、ハイドロキノンで新しいメラニン色素が作られるのを防・・・

コメントなし

しみの治療法・ケミカルピーリング

ケミカルピーリングは酸など皮膚に障害を与えるような物質を使って角質や表皮、さらには真皮までも化学的に溶かしてし・・・

コメントなし

しみの治療法・トレチノイン療法

トレチノインはレチノイン酸ともいうビチミンAの誘導体です。現在多くの美白化粧品で使われ話題となっているレチノー・・・

コメントなし

しみの治療法・レーザー光線治療

レーザー治療の一番の長所は短期間でキレイに取り除くことができるということです。シミの部分に茶色や黒色などのメラ・・・

コメントなし

しみの種類と治療法・雀卵斑 (じゃくらんはん)

「じゃくらんはん」はソバカスともいいます。日光による紫外線で表皮部分の色素細胞のはたらきが活発になってできます・・・

コメントなし

しみの種類と治療法・花弁状色素斑

花弁状色素斑というのは、海水浴など強い紫外線の中で激しい日焼けをした後に出てくるしみです。しみができる場所は両・・・

コメントなし

しみの種類と治療法・発疹後色素沈着

ニキビや虫刺され、皮膚炎などの肌トラブルがあった後の肌にできたしみを発疹(または炎症)後色素沈着といいます。や・・・

コメントなし

しみの種類と治療法・こすり色素沈着

ナイロン製のタオルやブラシなど、肌への刺激が強いものでこすったときにできるしみです。鎖骨、肋骨などの骨の上にで・・・

コメントなし

しみの種類と治療法・日光角化症

顔や手の甲など強い日光に当たる場視の皮膚におきやすいしみです。いわゆる日焼けとは異なり、長年にわたって浴び続け・・・

コメントなし

老人性色素斑と脂漏性角化症

よくあるしみで、25歳を過ぎたころから男女ともに見られるようになります。褐色で平らな丸い形です。日光の当たりや・・・

コメントなし

シミの種類と治療法・肝斑(かんぱん)

しみのなかでよく見られるものです。「かんぱん」と読みます。 30歳以上の女性に多くみられます。妊娠がきっかけで・・・

コメントなし

しみの予防

しみを作りたくないなら、一番しなくてはならないことでもっとも効果があることは、なるべく紫外線を浴びないというこ・・・

コメントなし

集中ケアでしみを撲滅しましょう

しみができてその種類と原因がわかったら、早めに対処しましょう。 肌のターンオーバーは2週間ぐらいで1クールです・・・

コメントなし

しみができるまで

しみにはいくつかの種類がありますが、どれも紫外線に当たったことが原因でできるものです。 私たちの皮膚はたえず新・・・

コメントなし