加齢臭対策

最近よく耳にする言葉「加齢臭」。
意味は字の通りで年齢を重ねると発する臭いのことです。
中高年といわれる40代から50代ぐらいの年齢の頃の臭いです。

この「加齢臭」とネーミングをしたのは化粧品メーカーの資生堂です。
資生堂研究所と高砂香料工業が行った共同研究の中で20才から70才代までの男女のポロシャツの成分を分析しました。すると20才から30才代の人の着たポロシャツからは体臭の原因となる成分がほとんど検出されませんでした。

一方、40才代以降の人からその臭いの成分が検出され、年代があがるとともに増加したのです。そのことから「加齢臭」という名前を考えたということです。

「オヤジ臭」とも言われることもあり、そのほうがピンとくる人もいるかもしれません。
でもこの加齢臭は男女ともに共通のものなので特に男性に限る臭いではありません。
女性より男性の臭いが気になるのは清潔さや服装、臭いに敏感かどうかというところも大きく関わってきます。

女性は男性のように毎日スーツは着ませんし、化粧品や香水など自分の体臭に関しては敏感です。ですが、「加齢臭」は男女ともに発生する臭いなのです。

加齢臭ってどんな臭いなの?

加齢臭とはどんな臭いなのでしょうか。 加齢臭を起こす原因になっている成分はいくつかあります。 ノネナール、オク・・・

コメントなし