レーザー脱毛

レーザーによる毛包部分の組織破壊により、発毛が起こらないようにするのが「医療レーザー脱毛」です。レーザー脱毛の研究は1994年にハーバード大学のAndersonを中心とするグループによって始まりました。

1996年にはその理論が確立され、Cynosure社がその理論に適合するレーザー装置を開発、レーザー脱毛の時代がやってきました。1999年にはアメリカFDAが一部のレーザー脱毛機を認可し、「永久減毛」効果を認めています。

レーザー脱毛では、主にアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーが使用されています。これらのレーザーの波長は、毛包部のメラニンに選択的に反応しやすく、他の皮膚組織には影響が出にくいのです。
特に黄色人種の場合、表皮にメラニンが含まれるため、ルビーレーザーのような波長の短いレーザーは不向きだとされています。

レーザー脱毛では、主にアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザーが使用されています。これらのレーザーの波長は、毛包部のメラニンに選択的に反応しやすく、他の皮膚組織には影響が出にくいのです。

特に黄色人種の場合、表皮にメラニンが含まれるため、ルビーレーザーのような波長の短いレーザーは不向きだとされています。
レーザー脱毛は、電気針脱毛に比べて短時間で処理ができ、感染などの心配もありません。ただし、適応部位や体毛の種類に制限があり、レーザー出力や適応を誤ると、火傷や色素沈着などのトラブルも起こりえます。

日本でも盛んにレーザー脱毛が行われていますが、特にエステサロンなどでの不適切な使用によるトラブルも多発しています。レーザー脱毛に詳しい皮膚科医のいるクリニックでの治療が望まれます。

レーザーによる発毛再生機能の破壊

レーザーによる発毛再生機能の破壊はどのように起こるのでしょうか。 発毛再生の仕組みは毛包部分にあると考えられて・・・

コメントなし