日焼け対策紫外線対策

日焼けをしないためには当たり前ですがまず直射日光に長時間当たらない、ということです。一番これが大切なことで、効果が高い方法です。

皮膚の老化に影響をあたえるのは太陽が南にくる時間の前後二時間に多いので午前10時から午後12時は特に日光に当たらないようにしたいところですね。

他に日光から皮膚を守るためには日傘、帽子は必需品です。そして効果も高いので是非使いましょう。テニス、ゴルフなど屋外でのスポーツをする場合は特に気をつけたいですね。

練習の合間に日陰に入るとか、帽子をかぶる、長袖や長ズボンを着るなどいろいろな工夫をしましょう。最近の洋服や帽子には紫外線をカットする素材などで作られたものもたくさんあります。

日焼け止めを塗ることも必要です。顔の場合は化粧品の下地などで日焼け止め効果のあるものもありますし、サンスクリーン剤といわれ主に体の手足に塗る日焼け止めがあります。

カットする紫外線の種類や、効果の続く時間などさまざまです。子供用もありますので、店頭で手にとって製品の使用説明をしっかり読んで目的に合ったものを選ぶといいと思います。

日焼け前のビタミンC

日焼け前のビタミンC

シミを気にしてピタミンCを多く取っている人も多いと思います。 でも、一度できてしまったシミはビタミンCを飲んだ・・・

コメントなし
日焼けなぜ赤くなる

色白の人はなぜ日焼けをすると赤くなる?

日焼けをすると皮膚の中の血管が広がるので流れる血液の量が多くなり、赤くなって見えます。 なぜ血管が広がるかとい・・・

コメントなし
紫外線は目に悪影響

紫外線は目にも悪影響

紫外線は皮膚だけではなく、目にも悪影響を与えます。 白内障にかかりやすいという統計が出ています。白内障というの・・・

コメントなし
紫外線について

紫外線はなにが有害なのか

紫外線Aは焼く30%が皮膚の表皮の下の真皮まで届いてしまいます。すると細胞で吸収されて活性酸素を作ってしまいま・・・

コメントなし
紫外線量の変化

紫外線の量の変化

紫外線の量は季節、時間帯、天候によって違います。普通に考えて夏のお昼ごろが一番日差しが強く、紫外線も一番多くな・・・

コメントなし

紫外線について

太陽から地球に届く光は5つあります。 波長が短いものからUV-C、UV-B、UV-A、可視光線、赤外線です。 ・・・

コメントなし